【注目選手】カタールW杯が最後のワールドカップになる可能性が高い選手まとめ

カタールワールドカップ

このページでは、カタールワールドカップ2022が、”最後のワールドカップ”になる可能性が高い、注目選手を取り上げています。

これまで、欧州サッカーを牽引してきてた選手が、数多くカタール本大会へ出場します。

国の誇りをかけた真剣勝負・最後の雄姿は見逃せませんね。

Sponsored Link

リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)

  • 年齢:35歳
  • 所属クラブ:パリサンジェルマン

これまでバロンドールを、歴代最多の7度受賞

バルセロナでは、10度のラ・リーガ・4度のチャンピオンズリーグ優勝を経験

バルセロナでの出場数・得点数(672得点)・アシスト数の最多記録保持者。歴代最多の35のタイトル獲得に貢献しました。

 

2005年にアルゼンチン代表に初召集。18歳の若さでに初選出されました

クラブでのタイトル・個人賞を、数々獲得してきたメッシですが、代表では、なかなかタイトルの獲得には至らず。(2014年ブラジル大会では決勝でドイツに敗れ準優勝

 

しかし、2021年に行われたコパ・アメリカにて、アルゼンチン代表として悲願のタイトルを獲得。大会得点王・MVPにも輝きました。

コパ・アメリカ決勝、ブラジルとの試合直前 ロッカールームで行われたスピーチは、話題をよびました。


現在アルゼンチンは、公式戦35試合負けなし、カタール大会の本命候補として期待されます。

アルゼンチン代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

リオネル・メッシの過去16シーズンの成績
(リーグ戦でのゴール・アシスト数)

シーズン得点アシスト
2007/0810ゴール0アシスト
2008/0923ゴール0アシスト
2009/1034ゴール9アシスト
2010/1131ゴール18アシスト
2011/1250ゴール19アシスト
2012/1346ゴール12アシスト
2013/1428ゴール11アシスト
2014/1543ゴール18アシスト
2015/1626ゴール16アシスト
2016/1737ゴール9アシスト
2017/1834ゴール12アシスト
2018/1936ゴール13アシスト
2019/2025ゴール21アシスト
2020/2130ゴール9アシスト
*2021/226ゴール14アシスト
*2022/237ゴール10アシスト

*2021年からはリーグ・アン(フランス)での成績
*2022/23は今シーズン12試合出場時点

Sponsored Link

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)

  • 年齢:37歳
  • 所属クラブ:マンチェスターユナイテッド

これまでバロンドールを5度受賞

UEFAチャンピオンズリーグの通算最多出場・得点・アシスト記録を保持。レアル・マドリードにおける、通算最多得点記録の保持者でもあります。

 

プレミアリーグを3度、ラ・リーガを2度、セリエAでも2度の優勝に貢献

欧州三大リーグを制覇した史上初の選手です。また同リーグの全てで、年間最優秀選手得点王にも輝いています。

チャンピオンズリーグは、ユナイテッド時代に1度、マドリー時代に4度獲得しています。

 

ポルトガル代表では、EURO2016を制覇、2018年のUEFAネーションズリーグでは、ポルトガルを初代王者に導きました。

 

数々の記録・タイトルを獲得してきたロナウドですが、今シーズン(2022/23)は、キャリアとして初めて苦境に陥っています

開幕前のプレシーズンに帯同できず、フィットネスが整わないままシーズンが開幕。

所属するマンチェスターユナイテッドでは、ここまでリーグ戦わずか1ゴールにとどまっています。(10試合出場)

【追記】11/14、ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドとの確執や、クラブの現体制について激白。これに対し、マンチェスター・ユナイテッドも声明を発表。これにより、冬の移籍市場でのお別れは、決定的になりました。

今大会が5度目のワールドカップになるクリスティアーノ・ロナウド。

かつての輝きを再度大舞台で見せられるか、大会の命運を賭け、ポルトガル代表主将に注目が集まります。

ポルトガル代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

*クリスティアーノ・ロナウドの過去18シーズンの成績
(リーグ戦でのゴール・アシスト数)

シーズン得点アシスト
2005/069ゴール0アシスト
2006/0717ゴール0アシスト
2007/0831ゴール0アシスト
2008/0918ゴール6アシスト
*2009/1026ゴール9アシスト
2010/1140ゴール13アシスト
2011/1246ゴール11アシスト
2012/1334ゴール10アシスト
2013/1431ゴール9アシスト
2014/1548ゴール16アシスト
2015/1635ゴール11アシスト
2016/1725ゴール6アシスト
2017/1826ゴール5アシスト
*2018/1921ゴール8アシスト
2019/2031ゴール5アシスト
2020/2129ゴール3アシスト
*2021/2218ゴール3アシスト
*2022/231ゴール0アシスト

*2005-09までマンチェスター・U(プレミアリーグ)での成績
*2009-2018はレアル・マドリー(ラ・リーガ)での成績
*2018-2021はユベントス(セリエA)での成績
*2021-23はマンチェスター・U(プレミアリーグ)での成績
*2022/23の
今シーズンは10試合出場時点

Sponsored Link

ネイマール(ブラジル代表)

  • 年齢:30
  • 所属クラブ:パリサンジェルマン

ネイマールの過去10シーズンの成績
(リーグ戦でのゴール・アシスト数)

シーズン得点アシスト
2013/149ゴール9アシスト
2014/1522ゴール7アシスト
2015/1624ゴール12アシスト
2016/1713ゴール11アシスト
*2017/1819ゴール13アシスト
2018/1915ゴール7アシスト
2019/2013ゴール6アシスト
2020/219ゴール5アシスト
2021/2213ゴール6アシスト
*2022/2311ゴール9アシスト

*2013-17はバルセロナ(ラ・リーガ)での成績
*2017年からはパリSG(フランス)での成績
*2022/23の今シーズンは13試合出場時点

2013年サントス(ブラジル)からバルセロナへ移籍後、ラ・リーガのタイトルを2度獲得

2014年からは、MSN(メッシ・スアレス・ネイマール)の一角として、チャンピオンズリーグの優勝にも貢献

2015年には、バロンドールで3位に入賞しています。

 

2017年、現所属のパリSGへ2億2200万ユーロという破格の金額で移籍し、移籍市場に衝撃を与えました。

これまでPSGでは、リーグアンのタイトルを4度獲得していますが、チャンピオンズリーグのタイトル獲得には至らず。

 

ブラジル代表では、主将として2016年のリオデジャネイロ五輪に参加。地元で、ブラジルをオリンピック初優勝に導きました

 

しかし、近年は度重なる怪我に苦しみ、バルセロナで見せていたインパクトを、パリでは残せていません。


カタール大会をもって代表引退を示唆したネイマール。ワールドカップという最後の大舞台で、セレソンを優勝に導くことができるか、エースに注目です。

ブラジル代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

カリム・ベンゼマ(フランス代表)

*【更新】11/20 ベンゼマが負傷によりワールドカップの欠場が決まりました

【更新】11/20の報道によると、ベンゼマがトレーニング中に筋肉を損傷し、3週間の離脱。カタール大会の欠場が決まりました。現在34歳で2022年のバロンドールを受賞。本大会が最後のワールドカップになる可能性が高かった選手です。

  • 年齢:34
  • 所属クラブ:レアルマドリー

2022年のバロンドールを初受賞

2021/22シーズンは44ゴール15アシストをマーク。特にチャンピオンズリーグでは、ゲーム終盤に試合を決定づけるゴールをあげ、チャンピオンズ制覇に導きました

 

かつてマドリーではBBC(ベイル・ベンゼマ・ロナウド)の一角として、前線を牽引。

ロナウドがマドリーから退団後は、”9番のFW”として得点を量産。2018/19シーズンには30得点をマークしています。

これまでマドリーでは、ラ・リーガを4度、チャンピオンズリーグを5度も制しています。


フランス代表には、2021年に復帰。カタール大会は、キャリアで最高の状態で臨む大会といえます。

フランス代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

ベンゼマの過去14シーズンの成績
(リーグ戦でのゴール・アシスト数)

シーズン得点アシスト
2009/108ゴール3アシスト
2010/1115ゴール7アシスト
2011/1221ゴール9アシスト
2012/1311ゴール12アシスト
2013/1417ゴール9アシスト
2014/1515ゴール10アシスト
2015/1624ゴール7アシスト
2016/1711ゴール5アシスト
2017/185ゴール10アシスト
2018/1921ゴール6アシスト
2019/2021ゴール8アシスト
2020/2123ゴール9アシスト
2021/2227ゴール12アシスト
*2022/235ゴール1アシスト

*2022/23は今シーズン7試合出場時点

ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表)

  • 年齢:34
  • 所属クラブ:バルセロナ

前所属のドルトムントとバイエルンで、7度のブンデスリーガ得点王に輝いています。

これまで大きな怪我による離脱も無く、所属クラブでは毎シーズン、コンスタントにゴールをあげ続けています。

今シーズンも、移籍したバルセロナで、すでに13得点を挙げています(13試合出場)

ドルトムントでは、2度ブンデスリーガのタイトルを獲得

バイエルンでは、ブンデスリーガの8連覇に貢献。2019/20にはチャンピオンズリーグ優勝も果たしました

 

2010年代において、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドに次いでゴールを決めた選手でもあります。

ポーランド代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

レヴァンドフスキの過去13シーズンの成績
(リーグ戦でのゴール・アシスト数)

シーズン得点アシスト
2010/118ゴール1アシスト
2011/1222ゴール9アシスト
2012/1324ゴール4アシスト
2013/1420ゴール6アシスト
*2014/1517ゴール5アシスト
2015/1630ゴール2アシスト
2016/1730ゴール5アシスト
2017/1829ゴール2アシスト
2018/1922ゴール7アシスト
2019/2034ゴール4アシスト
2020/2141ゴール7アシスト
2021/2235ゴール3アシスト
*2022/2313ゴール4アシスト

*2010-14はドルトムントでの成績
*2014-2022はバイエルンでの成績
*2022/23はバルセロナでの成績
*2022/23(今シーズン)は、13試合出場時点

セルヒオ・ブスケツ(スペイン代表)

  • 年齢:34
  • 所属クラブ:バルセロナ

2008年からバルセロナ一筋の選手で、現在はクラブと代表で共に、キャプテンを務めています。

世界最高のアンカーとも称されるボランチの選手。中盤の底から試合を組みたて、的確なパスを前線へ供給、チャンスを演出します。

 

所属するバルセロナでは、ラ・リーガを8度、チャンピオンズリーグ優勝を3度経験

スペイン代表でも、2010年の南アフリカW杯優勝、2012年のEURO制覇に貢献しました。

スペイン代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

マヌエル・ノイアー(ドイツ代表)

  • 年齢:36
  • 所属クラブ:バイエルン・ミュンヘン

今やドイツ代表と、バイエルンで主将を務める、史上最高のGKとも称される選手。カタール大会が、自身4度目のワールドカップになります。

 

バイエルンでは、2012年から2022年(昨シーズン)で、ブンデスリーガの10連覇に貢献した守護神。チャンピオンズリーグ優勝も、これまで2度経験

ドイツ代表としては、2014年ブラジル大会で大会制覇を果しています

 

36歳になった現在でも衰えを感じさせず、前線への飛び出し&フィード、シュートストップ等の能力は一級品です。

カタール大会でも、ゴール前に頼れる守護神が立ちはだかります。

ドイツ代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

チアゴ・シウバ(ブラジル代表)

  • 年齢:38
  • 所属クラブ:チェルシー

ブラジル代表のキャプテンとして、チームの最終ラインを支える38歳。

所属するチェルシーでは、プレミアリーグのフィジカル強度に見事に順応。センターバックのレギュラーとして地位を確立しています。

前所属のパリSGでは、7度のリーグ・アン制覇に貢献。2020年に移籍したチェルシーでは、悲願のチャンピオンズリーグ優勝を果たしました

 

ブラジル代表として、2010年から出場するワールドカップの最高成績は4位です。

カタール大会は、ブラジル代表DFにとって、集大成で挑む大会です。

ブラジル代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

トーマス・ミュラー(ドイツ代表)

  • 年齢:33
  • 所属クラブ:バイエルン・ミュンヘン

独特なゴール前での嗅覚から、ゴールとアシストを上げ、チームを勝利に導きます。

FWとして前線からのプレスなども抜かりもなく、オフザボールでの動きは一級品です。

近年ではアシストも量産する万能型のフォワードです。

 

現所属のバイエルンでは、11度のブンデスリーガのタイトル、2度のチャンピオンズリーグ優勝を経験

 

ドイツ代表として、2014年のブラジル大会では主力として優勝に貢献しました

ドイツ代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

ミュラーの過去14シーズンの成績
(リーグ戦でのゴール・アシスト数)

シーズン得点アシスト
2009/1013ゴール7アシスト
2010/1112ゴール12アシスト
2011/127ゴール12アシスト
2012/1313ゴール11アシスト
2013/1413ゴール10アシスト
2014/1513ゴール10アシスト
2015/1620ゴール5アシスト
2016/175ゴール12アシスト
2017/188ゴール14アシスト
2018/196ゴール9アシスト
2019/208ゴール21アシスト
2020/2111ゴール18アシスト
2021/228ゴール18アシスト
*2022/232ゴール3アシスト

*2022/23(今シーズン)は、8試合出場時点

ルカ・モドリッチ(クロアチア代表)

  • 年齢:37
  • 所属クラブ:レアルマドリー

172cmと小柄な体格ながらも、中盤でゲームを組み立て、キラーパスからのアシストに加え、ゴールも奪える、世界でも指折りのボランチです。

 

2018年にバロンドールを初受賞

10年間在籍するレアルマドリーでは、ラ・リーガを3度、チャンピオンズリーグ優勝を5度も経験しています。2021/22シーズンには自身最高の10アシストを記録。

クロアチア代表として、2018年のロシア大会では、チームを準優勝まで牽引。大会MVPにも選出されました。


後方からのアシストはもちろん、中盤から前線の空いたスペースへ顔を出し、ゴールに絡む動きに加え、ミドルシュートでゴールも狙えます。

さらには、守備への労も惜しまない選手です。

37歳になった現在でもレアルマドリーの10番、主力として活躍する、世界最高峰のMFになります。

 

カタール大会でも、4年前の躍進が見られるか、クロアチア代表キャプテンに注目です。

クロアチア代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

ガレス・ベイル(ウェールズ代表)

  • 年齢:33
  • 所属クラブ:ロサンゼルスFC

ウェールズを64年ぶりのワールドカップ出場に導いた主将

 

ウェールズ代表FWは、2012年トッテナムでブレイクすると、2013年にはレアルマドリーへ移籍。

BBCの一角として、ラ・リーガを3度、チャンピオンズリーグ優勝を5度も経験

2018年リヴァプールとのCL決勝でみせた、オーバーヘッドキックは今でも思い出されます。


近年は、ゴルフにドはまりし、プロゴルファーとの異名も。

今シーズンから新天地をアメリカに移し、最初で最後の大舞台へ挑みます。

ウェールズ代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

ガレス・ベイルの過去13シーズンの成績
(リーグ戦でのゴール・アシスト数)

シーズン得点アシスト
2010/117ゴール1アシスト
2011/1210ゴール13アシスト
2012/1321ゴール4アシスト
*2013/1415ゴール12アシスト
2014/1513ゴール9アシスト
2015/1619ゴール10アシスト
2016/177ゴール2アシスト
2017/1816ゴール2アシスト
2018/198ゴール3アシスト
2019/202ゴール2アシスト
*2020/2111ゴール2アシスト
*2021/221ゴール0アシスト
*2022/233ゴール0アシスト

*2010-13はトッテナムでの成績
*2013-20はレアルマドリーでの成績
*2020/21はトッテナム(レンタル)での成績
*2021/2022はレアルマドリーでの成績
*2022/23(今シーズン)
MLSでの成績(13試合出場)

ルイス・スアレス(ウルグアイ代表)

  • 年齢:35
  • 所属クラブ:無所属

ワールドカップでは”噛みつき”や”悪童”として、度々メディアから注目されてきたウルグアイ代表ストライカー。

屈強なフィジカルに加え、ドリブル、DFの背後を狙った抜け出しなど、多彩なバリュエーションからゴールを狙います。

そのゴールへの鋭い嗅覚から、長年欧州のビッククラブで得点を量産してきました。

 

ウルグアイ代表ストライカーは、2013/14シーズンにリヴァプールで得点王とMVPを記録。(31得点12アシスト

2014年にバルセロナ移籍後は、MSN(メッシ・スアレス・ネイマール)の一角として、ラ・リーガのタイトルを4度獲得。2014/15シーズンには、チャンピオンズリーグ優勝にも貢献

 

しかしながら、前バルセロナ監督のクーマン監督やフロントとの軋轢が生じ、戦力外通告を受けます。

2020年に移籍したアトレティコで、21ゴールを挙げ、アトレティコを7年ぶりのリーグ優勝に導きました。

 

今シーズンは、ナシオナル(ウルグアイ)へ復帰。14試合で8ゴールをあげ、地元クラブでリーグ優勝を果たしました

契約は今年いっぱいのため、先日退団が発表。現在はフリーエージェントです。

ウルグアイ代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

ルイス・スアレスの過去13シーズンの成績
(リーグ戦でのゴール・アシスト数)

シーズン得点アシスト
2010/114ゴール6アシスト
2011/1211ゴール6アシスト
2012/1323ゴール5アシスト
2013/1431ゴール12アシスト
*2014/1516ゴール14アシスト
2015/1640ゴール16アシスト
2016/1729ゴール13アシスト
2017/1825ゴール12アシスト
2018/1921ゴール6アシスト
2019/2016ゴール8アシスト
*2020/2121ゴール3アシスト
2021/2211ゴール2アシスト
*2022/238ゴール0アシスト

*2010-14はリヴァプールでの成績
*2014-20はバルセロナでの成績
*2020-22はアトレティコ・マドリーでの成績
*2022/23はナシオナル(ウルグアイ)での成績(14試合出場)

エディソン・カバーニ(ウルグアイ代表)

  • 年齢:35
  • 所属クラブ:バレンシア

ルイス・スアレスと並び、ウルグアイが世界に誇るストライカー。

FWの選手ながら、最前線からの惜しみないプレスや、献身的な守備が持ち味です。

オフサイド ギリギリの駆け引きや、前線の空いたスペースへの飛び出し等、抜かりのない姿勢で長年ゴールを積み重ねてきました。

 

ナポリではコッパ・イタリアのタイトルを獲得12/13シーズンには、29得点をあげ、セリエAの得点王に輝いています

 

2013年から2020年まで在籍したパリSGでは、7シーズンで6度のリーグ・アンのタイトルを獲得

フランスリーグで、2度の得点王と、最優秀選手賞を1度受賞しています。

 

2020年にはイングランドの名門マンチェスターユナイテッドへ移籍し、怪我がありながらも10ゴールをあげました。


近年は故障による影響で、かつての爆発力は影を潜めていますが、カタール大会でスアレスとともに、21番の得点が期待されます。

ウルグアイ代表の試合日程は、

・ABEMAに関する詳細はこちらをご覧ください

カバーニの過去13シーズンの成績
(リーグ戦でのゴール・アシスト数)

シーズン得点アシスト
2010/1126ゴール6アシスト
2011/1223ゴール4アシスト
2012/1329ゴール3アシスト
*2013/1416ゴール2アシスト
2014/1518ゴール1アシスト
2015/1619ゴール5アシスト
2016/1735ゴール4アシスト
2017/1828ゴール6アシスト
2018/1918ゴール5アシスト
2019/204ゴール1アシスト
*2020/2110ゴール3アシスト
*2021/222ゴール1アシスト
*2022/234ゴール1アシスト

*2010-13はナポリでの成績
*2013-2020はパリSGでの成績
*2020-22はマンチェスター・Uでの成績
*2022/23はバレンシアでの成績(今シーズン7試合出場時点)

参照リンク:カタールW杯関連情報

【解説】ABEMAでカタールワールドカップを無料・見逃し配信で視聴する方法は?
カタールワールドカップ2022の期間に、初めてアベマプレミアムに登録する方を想定し、ABEMAの無料プランとプレミアム(有料)プランの違いや、機能の詳細、メリットについて解説しています。Q&Aコーナーも設けており、カタールW杯におけるアベマ関連のよくある質問にも答えています。
【カタールワールドカップ】地上波中継なし&ABEMAで独占中継される試合一覧まとめ
カタールワールドカップ2022にて、ABEMA限定で視聴できる全22試合(テレビ放送がない試合)のスケジュール・日程(配信時間)をまとめています。アベマで、予選から決勝トーナメントの準々決勝(ラウンド8)まで独占配信される試合を紹介しています。
カタールワールドカップに出場できない有名選手・有名国とは?
カタールワールドカップの出場権を逃してしまった有名選手・有名国を紹介しています。現在欧州のビッククラブで活躍する選手を中心に、ポジシン別にまとめて紹介しています。
【カタールワールドカップ】大会出場国の直近過去3大会の成績は?
カタールワールドカップに出場する、全32カ国を各地域ごとに分類し、過去三大会(南アフリカ・ブラジル・ロシア大会)の成績を、まとめて紹介しています。
カタールW杯出場国の最新FIFA世界ランキングについて【よくある疑問とその答え】
このページでは、カタールワールドカップ出場国の最新FIFA世界ランキングを一覧表でまとめています。また、カタールワールドカップを視聴する上で、事前に知っておきたいFIFA世界ランキングにまつわる知識を、質問形式で答えています。
【カタールW杯】優勝候補はどこのチーム?グループステージの注目国と見どころ!
カタールワールドカップに出場する32カ国の中から、予選各グループの注目国と展望、注目選手を紹介しています。
カタールW杯による欧州5大リーグの中断期間と再開日程はいつ?
冬に行われるカタールワールドカップ開催にともない、ヨーロッパの各リーグは、約一か月の中断期間に入ります。当記事では、欧州5大リーグである、イングランドのプレミアリーグ、スペインのラ・リーガ、ドイツのブンデスリーガ、イタリアのセリエA、フランスのリーグアンのシーズン中断期間と再開日時をまとめています。
【カタールワールドカップ2022】全日程・組み合わせ&地上波放送・配信情報まとめ
カタールワールドカップ2022の全日程・組み合わせ、テレビ放送・配信時間をまとめています。グループステージ予選から、決勝トーナメントのベスト16・ベスト8・ベスト4、3位決定戦、決勝戦までの全試合日程と放送局・配信時間をまとめました。

コメント