【カタールW杯】優勝候補はどこのチーム?グループステージの注目国と見どころ!

カタールワールドカップ

2022年11月21日(月)から 2022年12月19日(月)の期間に開催される、FIFAカタールワールドカップも、いよいよ目前に迫ってきました。

予選グループステージの試合は、11月21日(月)から12月3日(土)まで全48試合行われ、地上波とABEMAにて放送・配信されます。

 

このページでは、予選における、グループの注目国(選手)&見どころポイントを取り上げています。

Sponsored Link

【カタールW杯予選】各グループの注目国と見どころ!

カタールワールドのグループ・組み合わせ一覧

カタールワールドカップのグループ・組み合わせ

カタールワールドカップ決勝トーナメント表

カタールワールドカップ 決勝トーナメント表

全32チームの出場国が、決勝トーナメント(ベスト16)への進出をかけて、グループ予選を戦います。

下記の記事はW杯を視聴する上で、事前に知っておきたい豆知識です。

  • 最新のFIFA世界ランキング一覧と、FIFAランクにまつわる”よくある疑問は、以下のページにまとめています。
  • 過去3大会(南アフリカ・ブラジル・ロシア大会)のワールドカップの結果については、以下も合わせてご覧ください。
  • カタール大会が最後のワールドカップになる可能性の高い選手についても、以下でまとめています。

グループAの展望と注目点:オランダとセネガルが突破有力候補

カタールワールドカップグループA

  • カタール:50位
  • エクアドル:44位
  • セネガル:18位
  • オランダ:8位

グループAは、8年ぶりの本大会出場の、オランダ代表が頭一つ抜けています。欧州予選も首位でカタールW杯の進出を決めています。

ディフェンスラインが特に強固で、フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)、マタイス・デ・リフト(バイエルン)の盤石な最終ラインがあります。

中盤にはフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、前線にはメンフィス・デパイ(バルセロナ)がおり、豪華なタレントを擁します。

個人的には、FWガクポ(PSV)のブレイクにも期待しております。

また、2014年にオランダ代表を率い、3位まで導いた、ルイ・ファン・ハール監督(71歳)が代表監督に復帰。

かつてバルセロナバイエルンマンチェスターユナイテッドを率いた名将で、短期決戦に特化した采配も、見どころポイントです。

一方グループAには、FIFAランク18位のセネガルも同居。

バロンドール2022で、惜しくも初受賞とはならなかった(2位)、サディオ・マネ(バイエルン・ミュンヘン)は注目選手です。

【更新】11/8のリーグ戦で負傷、W杯出場は絶望的という報道もありましたが、セネガル代表メンバーには、無事選出されています。

【更新 11/18】 代表には招集されたマネでしたが、手術が必要となり、残念ながらカタールワールドカップへの出場がなくなりました…。


予選第一節、オランダ代表との試合では、元チームメイト ファン・ダイク(リヴァプール)とのマッチアップも見どころポイントの一つ

グループBの展望と注目点:イングランドは真価が求められる大会

カタールワールドカップグループB

  • イングランド:5位
  • イラン:20位
  • アメリカ:16位
  • ウェールズ:19位

グループBは、FIFAランキング5位イングランドに注目。本大会出場へ向けた欧州予選では、無傷の首位突破でカタール行きを決めました。

2018年大会では準決勝でクロアチア、3位決定戦ではベルギーに敗れたイングランド

今大会はサウスゲート監督率いる、イングランドにとって真価が問われる大会ともいえます。カタールの地で雪辱を果たせるか、注目です。

メンバー選考は、プレミアリーグを中心に、2021年のEUROの主力選手を中心に選出

悲願の優勝に向けては、ハリー・ケイン(スパーズ)の得点と、ディフェンスの要であるカイル・ウォーカー(マンチェスター・C)の早期復帰が不可欠

スターリング(チェルシー)やマウント(チェルシー)が、所属クラブで調子が上がらない中、アーセナルで好調のサカや、19歳の新星べリンガム(ドルトムント)、ラッシュフォード(マンチェスター・U)にも期待。

 

ディフェンスラインに怪我人を抱えており、不安点があるものの、イングランド代表の躍進には期待したいです。

【更新】レギュラーの、カイル・ウォーカー(マンチェスター・C)やリース・ジェームズ(チェルシー)が相次いで負傷中。ウォーカーは最終メンバーに選出、ジェームズは選外。ウォーカーは、決勝トーナメントから出場可能か?

グループCの展望と注目点:南米覇者アルゼンチンは悲願の優勝を狙う

カタールワールドカップグループC

  • アルゼンチン:3位
  • サウジアラビア:51位
  • メキシコ:13位
  • ポーランド:26位

グループCの注目国は、世界ランク2位の南米覇者アルゼンチン

リオネル・メッシ(35歳)にとって、今大会がおそらく、最後のW杯になる可能性が濃厚です。

バロンドールの個人賞を、これまで最多7度受賞。アルゼンチン代表としては、2021年にコパ・アメリカ(南米選手権)を勝ち取りましたが、未だにW杯のタイトルを獲得したことはありません。(最高成績は2014年の準優勝)

アルゼンチン代表とメッシにとって、カタールが集大成となる大会です。


一方、ポーランド代表には、今夏バルセロナへ移籍したロベルト・レヴァンドフスキにも注目が集まります。

世界最高のストライカーと呼び声が高い34歳で、フランス代表のベンゼマとも比較される選手です。決勝トーナメントに進む上で、彼の得点は不可欠でしょう。

【注目選手】カタールW杯が最後のワールドカップになる可能性が高い選手まとめ
カタールワールドカップ2022が、「最後のW杯になる」可能性が高い選手をまとめて紹介しています。また、選手の所属する代表チームの試合日程も合わせて記載しています。

グループDの展望と注目点:前回王者フランスにある懸念材料とは?

カタールワールドカップグループD

  • フランス:4位
  • オーストラリア:38位
  • デンマーク:10位
  • チュニジア:30位

グループDの注目国は、2018年ワールドカップ優勝のフランス

バロンドール2022を獲得した、レアルマドリー所属のFWカリム・ベンゼマ(34)や、現在所属するパリSGでの去就が取り沙汰される、キリアン・エムバペ(23)、アトレティコで本調子を取り戻しつつあるグリーズマン(31)が、攻撃陣を牽引します。


しかし、そんなフランス代表にも暗雲が立ち込めています。

2018年大会の優勝の立役者であるエンゴロ・カンテ(31)が、ハムストリングの負傷でW杯への出場が絶望。


半月板を損傷し、夏以降トレーニングに復帰できていない、ポール・ポグバ(ユベントス)も、ワールドカップ出場がなくなりました。


またディフェンスの中心選手であるラファエル・ヴァラン(マンチェスター・U)も、先日のチェルシー戦で負傷。初戦のオーストラリア戦での欠場が濃厚。

【更新】ヴァランは、フランス代表の最終25名のメンバーに無事選出

【更新】11/20、ベンゼマがトレーニング中に負傷し、3週間の離脱…。大会欠場が決まりました。現在34歳で2022年のバロンドールを受賞していました。

主力のカンテポグバが負傷で外れるも、22歳のチュアメニ(レアルマドリー)や、20歳のカマヴィンガ(レアルマドリー)など、期待の若手が台頭。今大会のブレイクが期待できる選手です。


フランス代表は、2大会連続優勝に向けて、カタール大会に挑みます。

 

一方、デンマーク代表は、クリスティアン・エリクセンが、EURO2020で起きた不慮の事故から、完全復活

今夏から所属するマンチェスターユナイテッドでも、主力としてスタメンに定着しており、万全のコンディションでワールドカップに臨みます。

グループEの展望と注目点:日本は死の組へ…番狂わせなるか

カタールワールドカップグループE

  • スペイン:7位
  • コスタリカ:31位
  • ドイツ:11位
  • 日本:24位

グループEの注目国は、18大会連続のW杯出場を決めたドイツ

2014年のワールドカップ優勝メンバーである、FWのトーマス・ミュラー(33歳)や、GKのマヌエル・ノイアー(36歳)にとっては、最後のW杯になりそうです。


スペインの中盤には、世界屈指のタレントが揃っています。

前線の得点&決定力不足は心配ですが、19歳のぺドリ(バルセロナ)と、ベテランのブスケツ(バルセロナ)には要注目です。


日本代表はスペイン・ドイツと同組の、いわゆる”死の組”に入ってしまいました。

コスタリカも侮れないチームであり、グループ突破には、完璧なゲームプランと、ちょっとした運も必要になるでしょう。

【更新】日本代表の予選全3試合は、ABEMAにて本田圭佑さんが現地から解説を担当します。

【解説】ABEMAでカタールワールドカップを無料・見逃し配信で視聴する方法は?
カタールワールドカップ2022の期間に、初めてアベマプレミアムに登録する方を想定し、ABEMAの無料プランとプレミアム(有料)プランの違いや、機能の詳細、メリットについて解説しています。Q&Aコーナーも設けており、カタールW杯におけるアベマ関連のよくある質問にも答えています。

グループFの展望と注目点:ベルギーとクロアチアが突破有力候補

カタールワールドカップグループF

    • ベルギー:2位
    • カナダ:41位
    • モロッコ:22位
    • クロアチア:12位

グループFでは、ベルギーが世界ランキング2位と頭一つ抜けています。

ですが、世代交代が進まず、4年前の大会から主力は、ほとんど変わらず。全盛期を過ぎたメンバーも多数

カタール大会ではデ・ブライネ(マンチェスター・C)、クルトワ(レアルマドリー)の活躍が必須。ルカク(インテル)やアザール(レアルマドリー)の出来次第では、ベスト4も狙える可能性はあります

 

しかし、代表キャプテンのエデン・アザール(31歳)は、本大会でのコンディションが心配されます。

度重なる怪我で、所属するレアルマドリーで出場機会を失っており、思うような出場時間を得られていません。今大会を機に、かつてチェルシー時代に見せていたかつての輝きを取り戻してほしいところ。

またベルギー代表のストライカー、ロメル・ルカク(29歳)もハムストリングの負傷で、実戦から2か月あまり遠ざかっており、ベルギー代表にとって懸念材料の一つ。

【更新】10/27日のCLプルゼニ戦で、80分過ぎから途中交代を果たし、ゴールをあげました

一方、クロアチアもグループFの注目国です。

クロアチアは、2018年大会で準優勝を果たし、ダークホース的な存在として、フットボール界に驚きを与えました。

衰えを知らないレアルマドリーの主力、ルカ・モドリッチ(37歳)ですが、カタール大会はクロアチア代表10番にとって、最後のW杯になると思われます。

【注目選手】カタールW杯が最後のワールドカップになる可能性が高い選手まとめ
カタールワールドカップ2022が、「最後のW杯になる」可能性が高い選手をまとめて紹介しています。また、選手の所属する代表チームの試合日程も合わせて記載しています。

グループGの展望と注目点:FIFAランク1位ブラジルは盤石布陣で本大会へ

カタールワールドカップグループG

  • ブラジル:1位
  • セルビア:21位
  • スイス:15位
  • カメルーン:43位

現在世界ランキングトップのブラジルは、カタールW杯大会の優勝候補です。

昨シーズンレアルマドリードの立役者となったヴィニシウス・ジュニオール(レアルマドリー)や、ハフィーニャ(バルセロナ)、リシャルリソン(スパーズ)、アントニー(マンチェスター・U)、マルティネッリ(アーセナル)etc…の有望な若手選手が続々台頭。

カタール大会をもって代表引退もささやかれる30歳のネイマール(パリSG)だけに依存しない、タレントが揃っています。

唯一の懸念点は、ディフェンスラインの両SBの守備面が不安視されますが、それでも今大会の本命候補です。

グループHの展望と注目点:ポルトガル代表は監督の采配がポイント

カタールワールドカップグループH

  • ポルトガル:9位
  • ガーナ:61位
  • ウルグアイ:14位
  • 韓国:28位

2016にEUROを勝ち取ったポルトガル代表。しかし2018年のW杯大会では、ベスト16どまりでした。

37歳になったクリスティアーノ・ロナウドは、ワールドカップに関して、今大会がおそらく最後となります。

【注目選手】カタールW杯が最後のワールドカップになる可能性が高い選手まとめ
カタールワールドカップ2022が、「最後のW杯になる」可能性が高い選手をまとめて紹介しています。また、選手の所属する代表チームの試合日程も合わせて記載しています。

しかしながら、今シーズン所属するマンチェスターユナイテッドでは、出場機会が激減

10/20に行われたトッテナム戦では80分以降からの、途中出場を拒否し、試合途中に自宅へ帰宅するなど、ピッチ外での行動が話題を呼びました。(ロナウドがチームに謝罪し、監督とすでに和解済み

冬の退団が決定的となりましたが、できるだけ万全のコンディションでワールドカップに臨んでほしいところ。

ロナウドの去就や、起用方法が話題になるポルトガルですが、チームとしての総合力・完成度は非常に高く、優勝候補の一つと言っても過言ではありません

何よりもサッカーIQが高く、創造力の豊かかつ、質の高い選手が揃っています。

ベルナルド・シルバ(マンチェスター・C)やブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・U)、ジョアン・フェリックス(アトレティコ)の攻撃陣に加え、最終ラインには、ルベン・ディアス(マンチェスター・C)やジョアン・カンセロ(マンチェスター・C)がおります。

ポルトガルは、世代交代も進み、カタール大会では、躍進が期待されます。

 

また、これまでロナウド頼みだった、フェルナンド・サントス監督の采配も注目ポイントです。

サントス監督の手腕が、ポルトガル代表の命運を左右するかもしれません。

Sponsored Link

まとめ:強豪国にも不安点は散見、その中ブラジルは盤石体制

FIFAランクと各国の選手層も踏まえ、順当な予想で行けば、ブラジルが優勝候補の大本命です。

二番手に、期待も込めてイングランドを推したいと思っています。


カタールワールドカップの視聴方法と、全64試合の試合日程の詳細は、以下の記事を合わせてご覧ください。

【カタールワールドカップ2022】全日程・組み合わせ&地上波放送・配信情報まとめ
カタールワールドカップ2022の全日程・組み合わせ、テレビ放送・配信時間をまとめています。グループステージ予選から、決勝トーナメントのベスト16・ベスト8・ベスト4、3位決定戦、決勝戦までの全試合日程と放送局・配信時間をまとめました。
【解説】ABEMAでカタールワールドカップを無料・見逃し配信で視聴する方法は?
カタールワールドカップ2022の期間に、初めてアベマプレミアムに登録する方を想定し、ABEMAの無料プランとプレミアム(有料)プランの違いや、機能の詳細、メリットについて解説しています。Q&Aコーナーも設けており、カタールW杯におけるアベマ関連のよくある質問にも答えています。
【カタールワールドカップ】地上波中継なし&ABEMAで独占中継される試合一覧まとめ
カタールワールドカップ2022にて、ABEMA限定で視聴できる全22試合(テレビ放送がない試合)のスケジュール・日程(配信時間)をまとめています。アベマで、予選から決勝トーナメントの準々決勝(ラウンド8)まで独占配信される試合を紹介しています。

コメント