経済学

【初心者向け】経済学を楽しく学ぶ:おすすめの経済本と経済漫画を厳選してみた

  更新日:




【初心者向け】経済学を楽しく学ぶ:おすすめの経済本と経済漫画を厳選してみた自分にとって、経済学に興味を持つきっかけをくれた、初心者向けの経済本と経済漫画を紹介します。

「堅苦しい本ではなく漫画から入りたい人」や「そもそも経済とはなんぞや?」という方におすすめです。

学生から社会人まで年齢問わず、抵抗なく経済学を学べる&実際に役立つ書籍になります。

それでは早速見ていきましょう!

Sponsored Link


漫画:楽しく経済を学ぶ、イメージを掴む

行動経済学まんが ヘンテコノミクス


行動経済学の理論を漫画で学べます。

行動経済学とは、人間の非合理な振る舞いや理屈では説明できない行動を、人間の心理という視点からから解明しようする経済学のことを言います。

人がなぜヘンテコな行動をとるのか、漫画で楽しく学ぶことができます。

インベスターZ


「経済・金融・投資とな何か?」を漫画でざっくり理解できます。

「経済を知ることは世の中の流れを理解することに繋がるんや〜」って当時思いました。

21巻と割とボリュームがあるのでまずは1巻から試し読みしてみることをおすすめします。

まとめ読みしたい方 → [まとめ買い] インベスターZ

書籍:体系的に経済の基本を学ぶ

池上彰のやさしい経済学(1)しくみがわかる


経済学の理論や考え方について、日常にフォーカスを当てながら学べます。

平易な文章で書かれており、堅苦しく感じることなく、読み進めることができます。

vol.1では主に経済学のイロハやお金について、ケインズやマルクスなど代表的な5人の経済学者の理論にも触れられます。

池上彰のやさしい経済学(2) ニュースがわかる


vol.2では、主に現代の日本経済に焦点が絞られます。

インフレ・デフレ、戦後日本経済やリーマンショック、政府と日銀、年金など、今にもつながるトピックが取り上げられており、日本経済の仕組みが理解できる内容です。

Sponsored Link


チャレンジ:良書バイブル

現代経済学の直観的方法


「資本主義」をテーマに書かれた一冊。

2020年4月に発売された新書であり、今後ますます話題になりそうです。

完全初学者向けかと言われたら疑問ですが、これまで経済学の本に触れた方であれば、手に取っても大丈夫です。図表もあり、理解しやすくなってます。

著者の独特な切り口で、小難しい経済理論と知識が、すんなり頭に入ってきます。

第1章「資本主義はなぜ止まれないのか」9章「資本主義経済の将来はどこへ向かうのか」は特に印象的でした。

「縮退」についての考え方や、「人間の短期/長期的願望が資本主義のシステムにどういう影響を与えるのか?」、また最終章では資本主義において幸福に生きる上のヒントも書かれています。

答えの出ないテーマだからこそ楽しめます。再度読み返したくなる良書です。

まとめ

いかがでしたか?

経済の仕組みや考え方について少しでも知っていれば、物の見方が変わります。物の見方が変われば、考え方も変わり、行動も変わるかもしれません。

本というメディアには頭がキレる先人の叡智が詰まってます。この機会に、ぜひ経済学について触れてみてはいかがでしょう?

以上『【初心者向け】経済学を楽しく学ぶ:おすすめの経済本と経済漫画を厳選してみた』でした。

参考リンク

金融、投資を学ぶおすすめ本8選

決算資料から企業の実態を把握する:おすすめ本5選

ビジネス、仕事にも役立つ自己啓発本まとめ


Sponsored Link





Sponsored Link




-経済学
-, , ,

Copyright© おかかのメモ帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.